Palo santo -パロサントの楽しみ方 -


"Holy Wood" 聖なる樹 として古くからヒーラーやシャーマンたちが伝統医療や清めの儀式に用いてきたパロサント。香水とは違い、自然の樹のフレッシュで甘い香りは現代の生活に取り入れやすく、シーンや目的に合わせた使い方ができるのも魅力です。

おすすめの使い方は例えば...

➳燃やした後の煙で場の浄化

貝殻などの受け皿の上にパロサントを置き、チャッカマンなど先端の長いライターで火を付けます。パロサントに火がつき煙が出たら、手で軽く扇ぐなどして火を消します。残りの煙を浄化したい空間に漂わせ、浄化が終わったら火種が完全に消えるまで自然に待ちます。香りも空間に残るので、とても清々しい気分になれます。1本まるごと火をつけるのが怖い方は、カッターで少しずつ削り出して燃やすのもおすすめ。

 ➳そのまま芳香剤として

そのまま玄関やクローゼット、ベッドの横などに置いて芳香剤および場の浄化材として。細かく削ってサシェのようにぶら下げたりするのもおすすめです。

 ➳アクセサリーや天然石の浄化

場の浄化と同じ方法で出した煙に石やアクセサリーをくぐらせて、吸収したエネルギーの浄化を。新月の日に行うと、その効果が一層と高まるのでぜひ月に1回の習慣として取り入れてみてください。

➳ヨガやメディテーションに

 ヨガやメディテーションの場の浄化や集中力を高めるのにもパロサントは有効です。耐熱性のあるお皿の上に、パロサントをカッターで削り出して火をつければ消えた後も煙が漂います。

 

たくさんの楽しみ方があるパロサント、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。